売上アップアドバイザー シーサー君

*

自分の商品が見えてない

   

仕事柄、商工会などの公的機関から専門家派遣やセミナーの依頼を受けることが結構あります。
その仕事の中味なんですが、今と以前とでは全く変わってしまいました。
%e6%96%b0%e8%a6%8f%e3%83%89%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88-52
以前だと、専門家派遣は資金繰りのご相談が殆どでしたし、セミナーのテーマも財務、マーケティング、経営戦略など、毎回違っていて、その度に膨大な準備に追われるといったことを繰り返していたように思います。
今は売上アップのマーケティング以外ありません、たま~に財務のセミナーを頼まれたりします。

この変化の原因は、はっきりしています。
僕自身の発信通りに仕事が来ているということなのです。

以前は何でも屋、ホームページや専門家派遣登録の項目に出来そうなことを全て羅列していた。
今は売上アップマーケティング一本だけ。
テーマを一つに絞ってから仕事が圧倒的にやり易くなった。

実は、売上のご相談に来られて「ご自分の売り物、セールスポイントは何ですか?」という質問をすると明確に答えられない方が殆どです。
そして自分の出来るメニューを全て羅列して説明し出す。
以前の僕と同じように、商品はあれも、これもあった方が良いと固く信じ込んでいる。
あれも、これもというのは自信の無い裏返しとも言えるのです。

セールスポイントは一つで結構。
セールスポイントを明確にし、お客さんがどんな時に声を掛ければ良いのか、それを一言で言い表せないと声は掛からない。

自分がお客さんの立場に立ったら、何をやってくれるのか分からない人に仕事頼まないですよね。
まずここがスタート、何屋かを曖昧にしたままでは、永遠に声はかからない。
自分の商品を自分自身が明確にしてワンフレーズでお客さんに説明できるようにすることが売上アップの第一歩です。

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

PAGE TOP